オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

留袖がない場合は

着物の袖の柄

お子様が結婚するとします。
おめでたい話です。
お子様は結婚式の準備で大忙しになります。
そんな中、母親は何を着ていくか迷います。
基本的に結婚式の親族、母親は着物、留袖を着る方が多いです。
ですが着物をあまり着なくなった現代、留袖を持っている方は少ないです。
ですが、留袖を着る機会なんて一生に数回です。
着物は値段が高いですが、そんなに何回も着ないので買うのは割に合わないと思います。
そこでレンタルすることをオススメします。

レンタル商品を見ます
最近増えてきたレンタルショップですが、お客様のニーズに合わせて着物も多数用意しています。
着物を買うよりもずっと経済的に優しいです。
しかもレンタルショップの品揃えは普通の着物店よりも多く、自分にぴったりの衣装が見つかる可能性も高いです。
しかもオプションで着付けもしてくれるところが多く、着物を着慣れていない人も安心です。
しかも最近は汚した場合の保険も充実しているお店が多いので、何種類かのお店を比べてみることも大切です。

お子様に相談します

着物を着た女性

お子様が結婚する場合、お子様のタキシードやウエディングドレスの衣装もレンタルの場合が多いので、お子様に相談する方法もあります。
お子様が衣装を借りるお店は結婚式場と提携しているお店で、お子様達の衣装だけでなく親族の方の衣装も取り揃えているところが多いです。
しかも結婚式場の提携店だと割引できる可能性があります。
もしお子様の結婚式で着ていく留袖で悩んでいるのであれば、お子様に相談してみることもオススメします。
最近はネットでも探せるのでぜひ調べてみることもオススメです。

TPOを考えて着る
黒留袖は、ミセスの第一礼装とされています。
一般的には、結婚式の際に新郎新婦に近い親族が着用するケースが多いです。
一般の列席者が着用しても構わないと考える向きもありますが、親族とのバランスを考えて着用するべきだと言うことができます。
一般の列席者が、新郎新婦の親族よりも格上の着物を着用して出席すると失礼にあたってしまいますので、注意する必要があります。
最近では、わざわざ購入しなくてもレンタルを気軽に利用できるようになっていますが、TPOを考えることが大切です。

着用できるシーンとは

着物姿で歩く女性

黒留袖を着用するシーンとして一番多いのが、結婚式です。
新郎新婦の親族や仲人として出席する際には、これを着るのが普通です。
特に、新郎新婦の母親の立場であれば必須とも言える装いになっています。
色地のものに比べると、グッと着用シーンが限られてしまいますので、購入せずにレンタルで済ませる人がかなり多くなっています。
良質の着物を数多く用意しているレンタルショップを利用するようにすれば、礼を失してしまう心配がありません。

レンタルのメリット
黒留袖には裾模様が入っています。
厳密に言うと、この裾模様にもしきたりが存在します。
着用する人の年代や立場に合わせて裾模様を選ぶ必要がありますので、新郎新婦の母として出席する時と、仲人として出席する時とでは、別の柄を選ぶ必要があります。
決して安価な品物ではありませんので、何着も購入するのは難しいという人が少なくありません。
また、年齢に合った柄を選ばなくてはなりませんので、購入してから年数が経過した着物を着るというわけにはいきません。
そんな時に重宝できるのが、着物のレンタルです。